投資のメリットについて

ロゴ

マンション投資のメリット

マンション

自由になれる

マンション投資を始める理由の1つとして、早期リタイヤや給料以外の収入が欲しいといった理由があります。現在の日本では、終身雇用制度も撤廃され、大企業でもリストラが起こり、不安定なサラリーマン生活を送っている方が少なくないのです。そのため、多くの方がマンション投資を始めています。マンション投資は給与所得と同じように毎月毎月家賃をもらうことができるので、将来のために貯金することができるのです。さらに給料以外で家賃収入が入ってくることによって、様々なメリットを考えることができます。まずは将来の年金の不安が払拭されます。そして、さらに家賃収入を増やすことができれば、給与をもらう必要なく家賃収入だけで生活することができるようになるのです。すると仕事で縛られるといった生活が抜け出すことができるのです。

相続税対策

相続税対策のポイントとして挙げられるのが、財産評価を下げることと生前贈与、納税資金確保です。この3つのポイントをまとめて行うことができるのが、マンション投資なのです。ワンルームマンションの場合であれば、評価額を時価の3分の1に圧縮することができ、生前贈与するにも現金で行うよりも有利になります。また、生前贈与された方が家賃収入を得続けることで納税資金を確保することができるのです。相続税対策にとって、マンション投資はかなりの効果が期待できます。

生命保険対策

人生で一番高い買い物は住宅、二番目が生命保険と言われています。つまり、住宅と生命保険と上手く付き合うことでお金の使い方も大きく変わってくるということなのです。マンション投資は生命保険の変わりになる一面も持っています。生命保険の種類は主に、死亡・年金・医療・介護に分類されます。生命保険において重要となるのが、歳を重ねるごとにリスクは上がっていきます。マンション投資でローンを組む際には団体信用生命保険という保険に入ります。これはもし万が一のことが起こった場合には、ローンがなくなり家賃収入が遺族に残ることになるのです。このように家族が安心できるような仕組みがあるのです。